紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

日常生活において、特に長時間外で歩くということがない限りは紫外線散乱剤の日焼けどめがおすすめです。

紫外線散乱剤を使用した日焼けどめにはノンケミカルまたは紫外線吸収剤不使用と記載されています。

長時間外で活動する場合には、紫外線吸収剤の日焼けどめがおすすめです。

紫外線吸収剤の日焼け止めは UV カット効果が高いだけでなく、長時間紫外線をカットする役割を果たしてくれるので、長時間改質する時には紫外線吸収剤の日焼けどめがいいでしょ。

つまり、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は、用途によって使い分けるのがポイントとなります。